日本人学生向け給与奨学金制度

   
     本人が当会へ直接応募することはできません。大学の担当課に詳細を確認願います。
目的 健康かつ学業優秀でありながら、経済的理由のため就学が困難な者に、奨学金の給付を行い、将来社会に貢献しうる人材を育成する。
指定大学
(50音順)
秋田大学、 茨城大学、岩手大学、宇都宮大学、愛媛大学、 大分大学、大阪大学、大阪市立大学、大阪府立大学、岡山大学、お茶の水女子大学、学習院大学、鹿児島大学、金沢大学、関東学院大学、北見工業大学、岐阜大学、九州大学、九州工業大学、京都大学、熊本大学、群馬大学、慶應義塾大学、工学院大学、神戸大学、埼玉大学、佐賀大学、静岡大学、芝浦工業大学、首都大学東京、上智大学、信州大学、成蹊大学、千葉大学、千葉工業大学、中央大学、筑波大学、電気通信大学、東海大学、東京大学、東京海洋大学、東京工業大学、東京電機大学、東京都市大学、東京農工大学、東京理科大学、同志社大学、東北大学、徳島大学、鳥取大学、富山大学、豊橋技術科学大学、長岡技術科学大学、長崎大学、名古屋大学、名古屋工業大学、新潟大学、日本大学、日本女子大学、兵庫県立大学、広島大学、福井大学、北海道大学、宮崎大学、室蘭工業大学、明治大学、山形大学、山口大学、山梨大学、横浜国立大学、立命館大学、琉球大学、早稲田大学
(以上73校)
応募資格 @指定大学の理工系学部、研究科に在学する日本国籍をもつ学生。
A応募時点の年令30才未満。
B人物・学力に優れ、健康である者。
C他の奨学金との併給可。但し、聴講生、日本学術振興会特別研究員採用者を除く。また当会の奨学金を過去に受給した者は除く。
募集人数 当会にて決定し大学の担当課へ連絡します。詳細は各大学奨学金担当課にお問合せください。
募集時期 毎年4〜5月にかけて募集します。具体的な日時は大学の担当課に連絡します。
応募方法 所定の申請書を用い大学担当課経由で申請下さい。大学内での選考などがありますので、本人からの当会への直接の応募はできません。詳細は大学の担当課に確認願います。
奨学金額 年額30万円(大学生、大学院生ともに同額)
選考決定 6月中旬開催の当会選考委員会で決定し、6月下旬に大学の担当課経由で本人へ通知します。採用者には、6月中旬に「奨学生採用通知」を大学経由で送付します。
支給方法 原則7月に奨学金全額を一括して本人の口座へ送金します。
奨学生義務 奨学金を有効に使い、学業に励み、学生にふさわしい生活をするとともに、将来社会的に有益な活動を目指すことに努めてください。
辞退 奨学金受給を辞退する場合は、大学経由で当会所定の「辞退届け」を提出下さい。辞退の事由によっては支給した奨学金を返金頂きます。
退学休学 対象期間は2019年4月から1年間ですが、この間に退学、休学、留年、住所変更などが生じた場合は、速やかに大学担当課経由にて連絡願います。支給した奨学金を返金頂くことがあります。
面談 受給決定後、10〜12月頃に当会担当者が各大学を訪問し、面談しますので出席下さい。


学生担当者向け

よくあるご質問

応募したいのですが、どのように申し込めばよいですか?
3月下旬に当会指定の各大学へ募集要項を送付します。
大学の奨学金担当課等から申請書類、記入方法などを受け取り、大学指定の期日までに大学へ申請書を提出し応募下さい(本人からの直接の応募はできません)。
応募は直接できますか?
できません。必ず大学の学生課等を通して応募してください。
応募の際「給与奨学金申請書」のほかに提出する書類はありますか?
書類はありません。申請書に貼る写真が必要です。
但し、大学によって学内選考の際に、提出を指示される書類がありますので、大学の担当課に確認してください。
奨学金の募集時期はいつですか?
例年4月から5月になります。
各大学によって詳細な申請期日は異なりますので、大学の学生課等にご確認ください。
高校在学中(指定大学に合格している)に前もって申し込みはできますか?
できません。大学に入学してから申し込んでください。
私の学校は指定校に入っているでしょうか?
指定校は、このサイトの「日本人向け給与奨学金制度→指定大学」のページを参照してください。
他の奨学金をすでにもらっている(もらう予定)のですが、応募できますか?
当会は他の奨学金との併給は可能です。
現在奨学金を受けている(受ける予定)団体に併給が可能かどうかを確認の上で応募ください。
ただし、日本学術振興協会の特別研究員の場合は応募できません。
授業料免除を受けている場合でも応募できますか?
できます。
日本学術振興協会の特別研究員ですが応募できますか?
できません。
社会人入学で貴財団が指定する大学院に入りましたが、応募資格はあるのでしょうか?
年齢制限があり、申請時の年齢が30歳未満あれば応募できます。
研究生も応募は可能ですか?
研究生は対象外です。
以前に日揮・実吉奨学会の奨学金を受給していましたが、再応募はできますか?
できません。
本奨学金は学部または大学院在学中に一人1回(1年間)のみとしております。
また、学部で受けた後に大学院に進学した場合も応募できません。
中途募集はありますか?
おこなっておりません。
保護者の所得制限はありますか?
当会の応募条件としての所得制限はありませんが、各大学の選考基準において制限を設けている大学もあるので、大学の担当課に確認ください。
申請書等の応募書類をパソコンで作成してもよろしいでしょうか?
申請書はPDFファイルにて大学担当課に配布していますので、手書きにてお願いします。
奨学生願書に添付する写真は証明用写真でなければいけませんか?
枠内にはいるものであればスピード写真でもかまいません。上半身がはっきりわかるものを添付して下さい。
採用に際して面接はないのですか?
選考時の面接はありませんが、採用後に、当会職員が各大学に伺い、面談を実施(10月〜12月)しています。
具体的な実施日時は、大学経由にてご案内します。
応募には保証人が必要でしょうか?
保証人は必要ありません。応募の申請書に誓約事項がありますので、応募者本人が署名捺印してください。
採用決定は6月ということですが、奨学金の振り込みはいつになるでしょうか?
振り込みは、7月中旬に年額を一括して送金します。
6月中旬に各大学経由で採用通知を送付します。
奨学金を受け取り(入金確認)ました。何か必要な手続きがありますが?
あります。
大学の担当課へ行き、当会所定の「奨学金受領書」に受領の署名捺印をお願いします。
奨学生としての義務はありますか?
申請書に記載の制約事項を遵守願います。
すなわち、将来社会に有益な活動を目指すことができるよう、奨学生としてふさわしい学生生活をおくるよう心掛けてください。
奨学金の使用について制限はありますか、例えば留学費用や学会参加費用に充てても問題ありませんか?
制限はありません。
就学のための費用や生活費など、学生生活の維持、学業の充実、スキルアップのために役立ててください。
奨学金は返さなくてよいのですか? もしくは奨学金を返さなければいけない場合はありますか?
奨学金の返済義務はありません。
但し、給付期間中に退学、留年、休学等の変更が生じた場合は返金を求めることがあります。

日本人学生向け海外留学奨学金制度

       
     本人が当会へ直接応募することはできません。大学の担当課に詳細を確認願います。
目的 健康かつ学業優秀でありながら、経済的に海外留学の機会を得るのが難しい者に給付し、幅広く国際舞台で活躍できる人材を育成する。
応募資格 指定大学の自然化学分野を専攻する日本国籍の大学院生(大学院への進学が決まっている大学4年生も含む)であり、研究目的で海外の大学に4か月以上の予定で留学する者。また当会の奨学金を過去に受給した者は除く。
指定大学 大阪大学、慶應義塾大学、東京工業大学、東京大学、早稲田大学(以上5校)
募集人数 5名(各大学1名)
募集時期 毎年10月〜翌年3月にかけて募集。具体的な日程は指定大学の担当課に連絡しますので、ご確認願います。
応募方法 所定の申請書にて大学担当課経由で申請下さい。大学内での選考などがありますので、本人が当会へ直接の応募できません。詳細は指定大学の担当課に通知しますので、ご確認願います。
選考決定 3月下旬開催の当会選考委員会で決定し、4月上旬に大学経由で本人へ通知します。
奨学金額 月額15万円、渡航費20万円(往復分)
給与期間 留学先の入学月から終了月まで
支給方法 留学期間中、毎月本人の日本国内の口座に送金します。また渡航費については出発前に一括で送金します。
報告書 留学終了後、留学内容、成果について報告書を提出願います。


貸与奨学金の返済

           
     2011年度より貸与奨学金制度の新規募集は停止しており、現在は返済のみのご案内となります。
返済方法 毎年11月中旬に当会より返済案内書を送付(届出されている住所へ)しますので、この案内書に従って返済願います。
自動引き落としは行っていません。ご自身で当会の口座へ送金願います。
原則として年1回の返済ですが、経済的に余裕のある場合など、多めの返済や一括返済も可能です。
返済金額 借用証書に記載の年賦額。返済案内書にも記載しています。
返済残額 返済案内書に借入金残額(10月31日現在)を記載しています。
返済期日 毎年12月30日までです(金融機関最終営業日)。
返済口座 送金手数料は個人負担です。
三菱UFJ銀行 新丸の内支店 普通預金口座:4751184 
ゆうちょ銀行 記号:001407 番号:760374
口座名義はいずれも ザイ)ニッキ サネヨシショウガクカイ
ニッキとサネヨシの間にスペースが入ります。スペースが入らない場合は続けて入力して下さい。
振込人氏名の後に必ず、スペースを空けて続けて奨学生No.を入力願います。入りきらない場合は上の桁から入る部分までを入力願います。
住所変更等 住所、勤務先、電話番号などを変更した場合は必ずご連絡ください。また、連帯保証人の住所・電話番号など借用証書の記載内容に変更があった場合も直ちに当会にご連絡願います。
遅延督促 返済が遅れる場合は支払期日前に必ずご連絡ください。また、特別な事情によりその年の返済が難しい場合も必ずご相談ください。
返済・連絡がない場合は、連帯保証人より返済頂くこととなりますのでご了承願います。
連絡先 八木下(ヤギシタ)電話:03-3666-8020 /FAX:03-3666-8021、jgcs@jgcs.or.jp
SINCE 1968