研究助成制度(大学教員向け)

趣旨 この制度は、わが国の科学技術発展の将来を担う若手研究者に研究費の一部として資金を提供し、自由で独創的な研究に資することを目的としている(指定大学を2グループに分け隔年毎に募集)
指定大学
(50音順)
(奇数年度指定大学 37校)
岩手大学、宇都宮大学、愛媛大学、大阪市立大学、岡山大学、お茶の水大学
鹿児島大学、関東学院大学、北見工業大学、岐阜大学、九州工業大学、熊本大学、群馬大学、神戸大学
静岡大学、上智大学
東京大学、東京海洋大学、東京工業大学、東京電機大学、東京農工大学、東京理科大学、同志社大学、東北大学、徳島大学、鳥取大学、富山大学
長崎大学、名古屋大学、新潟大学、日本大学
福井大学
宮崎大学、明治大学
山口大学、山梨大学
琉球大学

(偶数年度指定大学 36校)
秋田大学、茨城大学、大分大学、大阪大学、大阪府立大学
金沢大学、学習院大学、九州大学、京都大学、慶応義塾大学、工学院大学
埼玉大学、佐賀大学、芝浦工業大学、首都大学東京、信州大学、成蹊大学
千葉工業大学、千葉大学、中央大学、筑波大学、電気通信大学、東海大学、東京都市大学、豊橋技術科学大学
長岡技術科学大学、名古屋工業大学、日本女子大学
兵庫県立大学、広島大学、北海道大学
室蘭工業大学
山形大学、横浜国立大学
立命館大学
早稲田大学
申込資格 指定大学の理工系(医学、歯学、薬学系を除く)の研究室において、研究を行っている新進の研究者で大学推薦のある方を対象とする
※申込年度の5月末時点で40歳以下かつ常勤の正教員。また過去に当会の研究助成金を受給された方は、対象外とする
採用人数 選考委員会における審査結果をもとに応募者の中から上位43名を採用する
助成金額 1名に対し200万円。
助成範囲 助成対象となる研究に係わる費用全般。但し、海外渡航費用は範囲外
助成期間 助成金支給の日(毎年9月初旬)から1年間
募集期間 3月下旬〜5月中旬(詳細は大学担当課へお問い合わせ下さい)
申請方法 各大学担当課に送付の当会所定の申請用紙に記入し、大学の推薦を受け、担当課経由で当会へ提出する
選考・決定 6月中旬に当会選考委員会で選考の上、採否と助成金額を決定し、結果は大学経由で通知する
受給後
の条件
助成金の使途明細書に領収書などの証憑書類を添付した上、1年間の研究成果を「研究報告書」として、翌年の10月末日までに大学を経由して当会へ提出すること
(当会は「研究報告集」を編集し、助成金受給者他関係者に配布します)
SINCE 1968